1月に入院していた時の話

 

ついにそのときがきました。

 

私は、可愛い妻と子供に対しての愛情を彼女にどう伝えるのか考えていました。

扉の音が部屋に響きました。

考えがまとまっていない私は、本を読んでいるフリをし、扉の方を見ませんでした。

澤井さん!と呼ぶ声がします。

声の方を見ると、おばあちゃん先生と学生さんが一緒にいました。

おそらく、患者さんの気分転換的な勉強内容で私とおばあちゃん先生と三人で屋上に行く。そしてすぐ戻る。学生さんはそのレポートを書くというからくり。

私は三人で、屋上に向かいました。