半身浴を終え、リビングでくつろいでいたら携帯電話が鳴りました。
お相手は昨日の朝、打ち合わせをしてもらった相手でした。
どうしたのかと私から話を聞くと、昨日の夜中に着信があったとのことでした。

もちろん、夜中に乙女の携帯電話にかけるはずもなく、間違ってかかったのだと思います。と謝り電話を切りました。
完全に勘違いされて、私はチャラチャラオーナーだと思われているかもしれません。

そんな誤解を解くため京都府南部のコロンボと言われた私は誰が私の電話を使って彼女にかけたのか突き止めなければなりません。

とりあえず、何時にかけていたかを調べるため、胸のポケットから電話を取り出しました。

 

つづく