一週間みっちりトマトスープを飲み続けました。

スープとフルーツのみの日や、スープとサラダだけの日。

お昼も大きな水筒に酸っぱい味のスープを入れて、出勤するとても過酷な毎日がやっと終わりました。

奥様は『ちょっとすっきりしたんちゃう』と、とてもうれしい言葉をかけてくれました。

体重計に乗ると4キロ減っていました

それを伝えると「やっぱりそれくらいやせんねんこのスープは。私も一緒に飲んでたから4キロ痩せてん」とこっちが恥ずかしくなるくらいの自信満々さで私に言いました。

体重が減っているのがうれしくて、もう一度体重計に乗りました。

すると、さっきの体重より4キロ増えていました。

これはおそらく、デジタルのタイプの体重計なので子供がさわって、おかしくなりまいなす4キロになってしまっていたのです。

私はとても悲しい気持ちになりました。子供に怒るわけにもいきません。

「何が痩せたや!わしは、すっぱい汁を飲み続けたただのぶたや!酸っぱい汁のぶたや!」

とぶつぶついいながら、ポテトチップスをこたつの布団にぼろぼろこぼしながら、ビールのふたを何度もあけました。

 

一ヶ月の間走ったのは3回

+1kg

 

つづく