帰国子女

お店に、英語の部分だけすごく発音のいいお客様がこられました。
私は、すぐにピンと来ました。
海外での生活が長いと、どうしても英語の部分の発音がよくなってしまうといいます。

私もつられて、下を少し噛んだ発音ぽくかっこつけながらヘアスタイルを二人で決めました。

仕事の話になった時、どこで働いているのか聞きました。
『ジャーマニー』と、きれっきれの発音で応えてくれはりました。

私は、あこがれのまなざしで、遠いですねと言いました。

すると、お客様はそんな遠くないですよ。と。

海外を行ったり来たり、そういう方は、ドイツくらい近いと感じるのでしょう。

私も、ドイツが近いと感じれるでっかい男になりたい。

この後の予定は、仕事場に戻って、仕事の続きをするそうです。
ってことは、髪の毛をカットする為にわざわざ来日、これまた、ありがたいことです。

飛行機が苦手な私は、どれくらい移動時間があるのか聞きました。

『20分から30分』

??

そんな近いんですか??と驚くと、

『ちゃやまち やったら、それくらいちゃいます?』

ジャーマニーちゃうやん  。