2015年7月

1月に入院していた時の話

 

ついにそのときがきました。

 

私は、可愛い妻と子供に対しての愛情を彼女にどう伝えるのか考えていました。

扉の音が部屋に響きました。

考えがまとまっていない私は、本を読んでいるフリをし、扉の方を見ませんでした。

澤井さん!と呼ぶ声がします。

声の方を見ると、おばあちゃん先生と学生さんが一緒にいました。

おそらく、患者さんの気分転換的な勉強内容で私とおばあちゃん先生と三人で屋上に行く。そしてすぐ戻る。学生さんはそのレポートを書くというからくり。

私は三人で、屋上に向かいました。

 

9月9日から9月16日まで澤井が入院のため休ませていただきます。

ご迷惑おかけします。

お店は営業していますので、お急ぎの方は是非お越し下さい。

よろしくお願いします。

 

入院にもなれてお店でがんばっているメンバーに気まずさを感じながら、いつものように朝ご飯を頂いていました。

すると、実習生の女の子がここの屋上から大阪城がみえると教えてくれました。

午後から一緒に見に行きましょうと言ってくれました。

可愛い妻と子供がいる私は、もし、好きと言ってもらっても気持ちに応えることはできません。

お昼までとても長く感じました。

失礼があってはいけないので、血が出るくらい歯を磨きそのときを待ちました。

つづく

ついに、手術の時がやってきました。

病院の方々のスムーズな仕事で私はいつの間にやら麻酔で意識がなくなりました。

目が覚め、麻酔あけはしんどいということを聞いていましたが、まさしくその通りで、目をあけて話するのも一苦労です。

奥様も心配そうに私のそばにいてくれました。

目を開くことが出来ない私は、想像しました。

口には酸素の吸うやつみたいなのをつけ、弱った私をさぞかし心配し、いつもありがとうと思ってくれたんちゃうかなと思いました。こんなドラマチックなシーンで思わないわけはありません。私はそう信じていました。

奥様が子供のお迎えでかえるみたいで、まだ立ち上がれない私は、少し眠りました。

目が覚めると、奥様が座っていた下にお菓子の食べこぼしたものが、アリが来るぞというほど、こぼれ、イスの上には雑誌がつまれていまいた。

 

おそらくそれでも、心配してくれていたと思います。

 

つづく

9月9日から9月16日まで、お休みを頂きます。

ご迷惑おかけします。お店は営業していますのでお急ぎの方は、代わりのスタイリストが責任を持って担当させていただきます。

一月にもお休みを頂いて入院しました。

手術というのは初めてで、全身麻酔というやつも初めてでした。

私は不安の中、大きな旅行のような鞄をタクシーのトランクにのせました。

病院につくと病室に案内され、いろいろな説明を受けました。

すると、その中に看護学校の生徒さんが私を担当してくれることになりました。

とても丁寧で親切私の気持ちは少しずつ軽くなりました。

まだ学生さんなのに私のことを考え少しでも楽になるようたくさん話しかけてくれました。

明日が楽しみに感じてもらえるよう私ももっとがんばろうと思いました。

つづく

最近雨が多くなってきました。

澤井です。

空が晴れているのに雨が降る。

狐の嫁入りというやつです。

私はテンションがあがり、狐の嫁入りや!!と店のベランダを明け雨に手をやりました。

私が大声ではしゃいでいたら、しばらくするとその雨はやんでしまいました。

 

スーパーアシスタントの井上くんが小さな声で『上の階の人が花に水をあげてるんです』といいました。

 

そんな梅雨には、メロのストレートパーマで困ったクセをコントロールしましょう。

井上くんは、小さな声で困った大人をコントロールしました。